今日のおやつ

各地区ごとに引越し会社の登録がわかれていますので、皆様のもとに届くお見積もりは、最大8社からになります!引越し 見積もり 100社へ引越し見積もりでお見積りしてあなたに一番合った業者さんを見つけましょう!

和菓子

見た目にも美しい和菓子は、日本の伝統的製造法で作られた菓子のことです。明治時代以降にヨーロッパなどから新しく日本に入ってきた洋菓子に対して使われる言葉です。言葉として定着したのは第二次世界大戦の後で、国語辞典などにも登場し始めました。

和菓子には、遣唐使によって伝来した唐菓子、宣教師によってもたらされた南蛮菓子も和菓子に含めるとする意見が主流になっています。

ぐっとくる茶菓子
広いお部屋をたくさんご提案します☆広いリビングで過ごす毎日は最高だよ!鹿嶋 田舎暮らしの広いお部屋は当社が見つけます!

和菓子の概要

茶道に於ける薄茶(うすちゃ、お薄(おうす))や濃茶(こいちゃ)とともに食べるので、味覚は元より美的鑑賞にも堪えることを期待されて発達した食品です。通常は、薄茶席では干菓子を、濃茶席では生菓子(主菓子)となっています。

日本茶や抹茶のお茶請けになることが多いため、甘いものが多くて油はほとんど使われていません。

砂糖、水飴、米、小麦、小豆などの、比較的少ない種類の主原料から、多くの種類の和菓子が生み出されます。また、洋菓子のように生のフルーツが素材として使われることは少ないのですが、煮たり、干したりしたものは使用される場合があります。

原料に砂糖を用いるようになったのは近世以降からです。特に和三盆は、容易には白砂糖が手に入らない江戸時代に、その独特の風味と程よい甘さによって、和菓子の発展に貢献したとされています。砂糖を使用するようになる以前から、もっとも甘い嗜好品は柿だったことから、和菓子が持つ味覚の繊細さを窺い知ることができます。

また、和菓子には芸術作品としての側面も要求されています。夏の和菓子であれば、涼を感じさせるために葛などを用いて透明感ある作品に仕上げるといった具合に、季節感の表現一つにも材料を吟味しています。特に精巧に作られる工芸菓子と呼ばれる分野もあるので、食用可能な和菓子の材料で花鳥風月の世界を表現しています。

和菓子の種類は、大きく3つの種類に分けられます。水分量20%以下の和菓子を干菓子(ひがし)または乾菓子(ひがし)、40%以上の和菓子(羊羹は30%以上)を生菓子、その中間を半生菓子といいます。

人気和菓子特集

日本以外での和菓子

日本が統治していた時代が長い台湾では、和菓子を作る業者ももちろんあります。饅頭、最中、大福餅などは簡単に購入することができます。煎餅、どら焼き、今川焼きもありますが、味付けや具が日本と違うものが生まれています。

和菓子の例

  • 饅頭
  • 時雨
  • 鹿の子
  • わらびもち
  • 大福
  • 団子
  • 羽二重餅
  • 羊羹
  • 最中
  • きんつば
  • どら焼き
  • 今川焼き、たい焼き、人形焼
  • 練り切り
  • 雪平
  • ういろう
  • すあま
  • こなし
  • 煎餅
  • 落雁
  • 金華糖
  • 生姜糖
  • 和三盆
  • 都まんじゅう
  • のし梅、さなづら