今日のおやつ

皇室御用達

皇室に献上されるお品と聞くと、なんかテンションもあがって嬉しくなってしまうもの。御用達を名乗るということは、お店にも品にもステータスを与えるものであります。

御用達は、江戸時代に幕府・大名・旗本・公家・寺社などに立入ったり出入する特権的な御用商人の格式のひとつです。よく似ている御用聞きよりも格上なのが御用達です。そして御用に応じて商品を納入するほかにも、御用金を調達したりと財政にも深くかかわった存在なんです。

ぐっとくる茶菓子
フィリピン留学 3. 他国と比較して留学「総額」費用が半額で賄える。

日本での御用達

江戸幕府の御用商人としては貨幣鋳造、大奥を中心とした呉服の調達。それに糸割符仲間など幕府への物品調達を独占的に行う特権を与えられました。呉服師の茶屋四郎次郎は呉服御用にとどまらずに朱印船貿易の特許と長崎貿易の利権までも付与されました。御用商人の身分は町人ですがが苗字、帯刀を許されていました。

幕府成立前の戦国時代には、軍事物資の調達に加えて隠密として敵陣に探りを入れたり講和の内使や、人夫の徴集など各種の用向きもしていました。

江戸時代御用達

  • 大判座・刀剣飾具・・・ 後藤四郎兵衛(室町時代から江戸時代にかけて彫金を家職としていきました)
  • 金座・・・ 後藤庄三郎(金貨の金貨鋳造や鑑定を行い世襲制の家職となっていました。)
  • 銀座・・・大黒常是(銀の極印を担当する長として、世襲性の家職となっていました。)
  • 呉服所六人仲間・・・後藤縫殿助(六軒仲間の筆頭)、茶屋四郎次郎、亀屋源太郎、三島吉之進、上柳平左衛門、茶屋長曾
  • 糸割符・・・ 長崎屋忠七(生糸の輸入方式で、独占輸入権と国内商人への独占的卸売権が与えられていました。)
  • 材木商・・・ 紀伊國屋文左衛門(2代目で衰退)、奈良屋茂左衛門(綱吉の時代に御用商人に)
  • 薬種問屋・・・ 長崎屋源右衛門(薬種問屋長崎屋の店主が代々襲名した名前です。)
  • 金銀御為替・・・ 三井八郎右衛門(三井財閥の当主の一族)、鴻池善右衛門(鴻池財閥を形成)

宮内省・宮内府・宮内庁御用達

「宮内省御用達」は大日本帝国憲法下で正式に許可されたものが名乗れる制度でした。そしてもちろんその選定には厳しい審査がありました。日本国憲法下では宮内府時代を経て宮内庁ではそのような物品等購入の選定が認可制でなくなったので、いわゆる「宮内庁御用達」の呼称は単に「宮内庁が購入している」という事実関係を示す俗称になりました。(法的根拠のない)実際に宮内庁への御用達制度自体も1958年(昭和33年)に廃止されています。

「宮内庁」という官公庁の名称が含まれているので(仮に現実に宮内庁へ物品献上・納入等をしている場合であっても)その俗称を根拠もなく、自社製品などに表示して営利活動等に利用する行為については問題性を指摘する声もあるので、宮内庁側が調達に関ては「宮内庁御用達に相当する業者等」のリストを公表を一切していないということもあって該当する業者の側でも必ずしも積極的に誇示したり公表はしていないのですが、噂が先行する結果になっています。

現在は松喜屋(お肉)、小牧(かまぼこ)、雪印パーラー(アイス)、山本海苔店などの200社・団体ほどが存在すると言われています。日本たばこ産業(旧・日本専売公社)と恩賜のたばこは御用達だったことが確認されている数少ない例といえるでしょう。

宮内庁御用達には2種類存在しています。献上と納入です。献上は皇室に宛てらえて、無料で送られる物です。これに対して納入は官公需として宮内庁の契約担当官や支出負担行為担当官などの会計官吏を窓口として調達する物品です。他の中央省庁への納品と同じです。

随意契約、指名競争入札も制限されるので一般競争入札が基本となっています。献上は無料ですが誰でも「これを皇室に献上したい!」とはできません。厳正な審査を通って初めて献上されます。(厳密には皇室への献上は、日本国憲法第8条及び皇室経済法によって国会の承認を必要としています)皇室祝賀行事で献上される物の多くが返品されています。

「宮内庁御用達」が戦前認可制であって現在それを使用する事を憚るためか、宮内庁献上(品)は日ごろよく食品等に付く事があります。

また宮中に招かれた祝賀参列者に飲食を賜わる祝宴料理、「賜饌料理」(紀文食品など)などもあります。

ちなみに木村屋總本店のあんパン(明治天皇も食していた)も戦前献上されています。納入されるのはとても難しくて、公表もされにくいのが現状です。祝賀行事で使用されている品を丹念に調べて予想します。結果的にテレビのワイドショーで発表されて初めて私たちが知ることになります。

現在、従来から名乗っている業者を罰する規則がないので、宮内庁では取り締まることはできませんが悪質な場合には注意する事もあります。

納入業者については毒物混合や食中毒を防止するために厳しい選定が行われていて、警察庁警備局公安課(=公安警察)を通しての社員の思想調査や保健所を通しての検便などが頻繁に行われています。

品物としての本来のステータスは皇室御用達または「御用」になっています。“質素を旨とする”とはされてはいますが、その品位を保つために天皇・皇后・皇族の使用品には全て日本一の最高級品が用いられています。

皇室御用達

芦田淳・・・皇后美智子様が皇太子妃時代の専任デザイナーを務めていたことでも知られています。

植田いつ子・・・1976年(昭和51年)に美智子皇后のデザイナーを拝命しています。

上野精養軒・・・東京都台東区上野恩賜公園内にある老舗西洋料理店です。

大倉陶園・・・1959年(昭和34年)皇太子明仁親王と同妃美智子さまとの成婚時の晩餐会の食器として用いられてました。

大塚製靴・・・1872年(明治5年)創業です。1882年(明治15年)に明治天皇の靴製造を受注しています。

カガミクリスタル・・・1943年(昭和18年) 東久邇宮に内親王成子が嫁いだ時に調度品を納めています。

カクキュー・・・徳川家光(3代将軍)の時代1645年~1648年に創業しています。

川島織物セルコン・・・1843年(天保14年)創業。明治・昭和と宮殿の内装を手掛けています。ニコライ2世が来日したときには王家の紋章を送られロマノフ王朝御用達になりました。

キッコーマン・・・1917年(大正6年)創業です。

木村屋總本店・・・1869年(明治2年)創業です。1875年(明治8年)に明治天皇に献上されました。

キャロン ・・・1903年(明治35年)フランスのパリで創業された香水がメインの化粧品ブランドです。

鳩居堂・・・1663年(寛文3年)に創業です。和文具と香の老舗です。

銀座ヨシノヤ・・・1907年(明治40年)の創業の高級婦人靴です。

黒江屋・・・1689年(元禄2年)日本橋にある漆器の専門店です。

月桂冠・・・1637年(寛永14年)の創業の日本酒の会社です。

香蘭社・・・1875年(明治8年)創業です。本社は佐賀の有田です。有田焼の陶磁メーカーです。

コロンバン・・・1924年(大正13年)に東洋大森に日本初となるフランス菓子店コロンバンが発祥です。ショートケーキはコロンバンが初めて考案して製作販売しました。

シェ松尾・・・1980年(昭和55年)にシェフ松尾幸造が渋谷松濤にオープンした高級フレンチレストランです。

ソメスサドル・・・1964年(昭和39年)に設立された日本の馬用品メーカーです。馬具に関しては日本唯一のメーカーです。

高島屋・・・1831年(天保2年)京都で古着・木綿商として創業。海外の博覧会で豪華な刺繍を施した着物などで数々の賞を受賞して宮内省御用達になりました。

千總・・・1555年(浩治元年)法衣織物商として創業した京友禅の老舗です。皇太子明仁親王のご成婚のとき、皇太子妃美智子さまの調度品など各宮家へ調度品を受注しています。

辻常陸 (十四代)・・・白磁の発祥地佐賀県有田で350年つづく歴史的な窯元です。1990年(平成2年)今上天皇即位など節目のときにご用命を賜っていました。2007年(平成19年)に永眠。

天長島村酒造・・・1885年(明治18年)創業の日本酒造会社です。清酒「天長」「純吟」を新春に皇室へ献上しています。

天童木工・・・1940年(昭和15年)高級木材家具を製造販売する会社です。

虎屋・・・室町時代から続く和菓子の老舗の中の老舗。

日本専売公社・・・1949年(昭和24年)に大蔵省の外局の専売局を大蔵省から分離独立させた特殊法人でしたが、その後解散してJTとなりました。

パテック・フィリップ・・・1839年(天保10年)2人のポーランド人で設立されました。スイスの高級時計メーカーです。

ヒガシマル醤油・・・文禄年間(1592年~1596年)に宮中から「菊屋」の屋号と菊花紋を賜りました。

ヒゲタ醤油・・・1616年(元和2年)に銚子で創業されました。

風月堂・・・1751年(宝暦元年)に江戸京橋で開いた「大阪屋」が起源です。江戸時代から諸大名の菓子匠を仰せつかってきました。

深川製磁・・・1894年(明治27年)香蘭社の深川栄左ヱ門の次男深川忠次が説散るしました。1910年(明治43年)に宮内省御用達になりました。

文明堂・・・1900年(明治33年)に長崎で創業しました。

松坂屋・・・1611年(慶長16年)伊藤蘭丸祐堂が名古屋で「いとう呉服店」を創業しました。1740年に尾張藩の呉服御用達になりました。

三越・・・1673年(延宝元年)に呉服店の「越後屋」として創業しました。

宮本卯之助商店・・・1861年(文久元年)に創業しました。1926年(大正15年)の大正天皇御大葬用楽器一式謹製以来宮内庁御用を賜りました

ヤマサ醤油・・・1645年(正保2年)に銚子で廣屋儀兵衛商店として創業しました。1864年(元治元年)に江戸幕府より品質に優れた醤油として最上醤油の称号を拝領しました。

山田平安堂・・・1919年(大正8年)京漆器を紹介するために日本橋で創業しました。

山本海苔店・・・1849年(嘉永2年)に日本橋室町の現在地に海苔の専門店を創業しました。1869年(明治2年)に宮内庁の御用達を賜りました。

ロブマイヤー・・・1823年(文政6年)ガラス職人のヨーゼフ・ロブマイヤーがウィーンでガラス商店を扱う店として創業しました。

人気和菓子特集
ブラコレ脱毛の方法 ソフトワックスの場合は、その上に綿の布を当てて、乾かしてから引きはがします ハードワックスの場合は布などは使わず、そのまま乾かして引きはがします 全範囲を一気に行うのではなく、パーツごとにべリッ、べリッとこまめに行います

ベルギー王室

ベルギー王室御用達は、イギリス王室と同じような許可制になっています。日本では、ベルギー王室御用達と称された洋菓子(特にチョコレート)をよく見かけることができます。チョコレートでの分野の主要な企業としてゴディバ、ヴィタメール、ガレー、ノイハウス、メリー(メリーチョコレートカムパニーは無関係)が存在しています。

認定を受けた企業のリストは公開されているので、日本企業としてはトヨタ自動車、キヤノン、ニコン、セイコーホールディングス、ソニーのベルギー法人が御用達として認可されています。